スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/15 注目レース

【新潟2】

今日の新潟を見ている限り、差し脚ある馬の方が安心して買えるという印象。特に1200に限っては、本日の両レースとも勝ち馬は前目からだったものの、2、3着馬に関しては中団あたりからの突っ込みだったことは気にしたい所。むしろそこまで先行力は重視しなくても良いのでは?という印象を受けた。

さて、それを踏まえての当レース。上がり脚を重視して組み立てると、一番安定感がありそうなのはカネトシミント。前走は妙にちぐはぐなレース振りではあったものの、2着のアンアミューズドより苦しい競馬をしながら僅差の内容と言う感じ。真っ当に走れれば力量上位はこちらだし、過去走を見ても上がり脚は常に安定して使えている。まずはこれを中心に、相手は前述アンアミューズドと減量起用のサクシナイト。以下インディライト、ロードパルジファル、アルマサント辺りまで考えておく。

◎ カネトシミント
○ サクシナイト
▲ アンアミューズド
△ ロードパルジファル、アルマサント、インディライト

【函館7】

思った以上に先行力の無いメンバーが揃った印象の一戦。その中で同級でも上位の先行力を見せたミシックトウショウが出走しており、これを素直に中心に据えるしかない一戦か。相手はオオミカミとモルフェソングエルを拾う。大逆転を期待するなら久々のダートになるエクメーネ、芝での先行力はそこそこのものを見せているだけに、最内枠から出して行けるなら…だが。

◎ ミシックトウショウ
▲ モルフェソングエル
△ オオミカミ、エクメーネ

【函館記念】

洋芝での持久戦。まして基本的に上りが続く函館コースでかつハンデ戦とくれば、相当な消耗戦を考えておいて良い様には見える。ということで、基本線はサンデーの切れ(というか血)は基本的に敬遠、パワー型の馬から選びましょという方針で、トランスワープを指名するという状況か。元々持久力には比較的優れた一頭で、逆にこの血統だけにスピード要求となると苦しい馬。前走は鞍上のミスと言うべき一戦、大野騎手に戻ったここは勝負の鞍だろう。相手は前年度勝ち馬キングトップガンと、持久力勝負となれば差がないロードオブザリング。以下洋芝得意のマイネルスターリー、マヤノライジン辺りも警戒しつつで。

◎ トランスワープ
○ キングトップガン
▲ ロードオブザリング
△ マイネルスターリー、マヤノライジン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。