FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 宝塚記念原稿+α

【宝塚記念】

takaraduka-rap.jpg

過去のレースラップは上記の通り。まぁ過去のレースが2週目に行われたのに対し、今回は最終週での施行。その段階で過去の傾向そのままには使えない所ではあるが、コースとしての原則としてペースの上がり出しは比較的早いポイントだということ、そして一瞬の切れなんぞ要らないということ。そうじゃなくともネコパンチを始め、ある程度前目で勝負したいクチが揃っている以上は道中ラップが落ちる事もないでしょう。例年通りの持続力勝負、6F近く12秒フラットの脚が要求されるレース質になることを想定しておく。


人気はやはりオルフェーヴル。能力自体は今更どうこう言う必要がないだろう。元よりダービー、菊とスピードを持続させることに関してはトップクラスだった訳で、そういう意味で否定するだけの理由は見当たらない。状態云々に関しては確かに良い状況ではないらしいが、そこを判断する術を持たない以上は普通に買わざるを得ないのかなぁという感じ。飛んでも不思議はないと思うだけに単や連軸としては扱えないよということだけは言っておくが、逆にこの馬から買いたい人にとっては良いオッズだよね、とも。少なくとも前走も前々走も力負けでないことだけは確かな訳で。


もう一頭の人気がルーラーシップ。前走の香港でのレースのレースラップは25.72-25.19-25.77-23.89-21.81ということで、単純に上がり3~4Fだけ早いレースなのかなぁという印象。実際この馬の通過ラップは25.96-25.19-25.73-23.69-21.81ということで、そこまでの持久力は要求されていない。この馬の本質はやはり加速力だったり、11秒半ばの脚持続の方にあるとずっと言っているのが私の主張で、実際グランプリレースで3戦全敗、一番成績が良いのが昨年の超スローだった有馬記念というのは重く見ておきたい。G2クラスであれば自分の競馬が出来る分そういう競馬でも問題ないのだろうが、本当のG1クラス相手だと本質的に得意じゃない分の差が出るのでは?少なくとも日経賞で勝てなかったのはともかく、2着も守れない辺りこのレースに対する本質的な適性に疑問が残る。個人的には秋のJC辺りで◎を打ちたいのだが。


3人気以降は殆ど差がないので内から順番に。
ウインバリアシオンは確かにスピード持続戦に強いのはもう分かっていること。ただ、この最内枠からどう乗るの?どうやって勝ち負けまで持っていくのかはやはり考えておくべき。少なくとも内から出して行くにはテンのダッシュが遅すぎるし、最内を付くと言うのも今日の馬場状況を見る限りはノーチャンスだろう。元々飛びが大きく、自分の加速スペースを必要とする馬だけに、能力云々とは別に勝ち負けまで来れるか?という疑問は残る所。


ショウナンマイティは急加速戦の方が合っているのではないか?というのが現状の成績を見る限りでの状況。前走でも大外に持って行って、かつ外に膨れるという始末。大阪杯も道中スローで脚が溜まったからこそのあの爆発力なのだろう。少なくとも持続戦では鳴尾記念でしか結果を出せていない上に勝てていないのは事実としてあるだけに…


エイシンフラッシュは本質的に昨年の有馬でも見せた上がり3Fが11秒半ばで続く様なレースの方が良いのではないか?という推測は立つのだが、昨年の宝塚3着やその後の秋天でも先行して6着まで残している様に、この持続戦でもそこまで否定する理由はない。勝ち負けまで行けるかどうかは微妙な感はあるが、一応残しておく必要はあるのだろう。


トゥザグローリーは昨年の宝塚は夏負けだったということもあって参考外。本質は前走でも話した通り、急加速戦には向かずスピード持続でこそという馬。差す形での好走も何度か見せては居るが、本質としては前走の様に早め先行から粘り込む母の様な脚質が完成形だと思っている。前走でそれを見せている以上、ここもその形に持ち込めるのであれば、勝ち負けのチャンスはあって良い一頭。


アーネストリーは昨年の勝ち馬にしては人気落ちが激しい一頭。ここ数走行きもしない、控える形での競馬ばかりではあるが、陣営の先行させるというコメントや、展開的にもおあつらえ向きの状況になるのではないだろうか。本質的にはこのコースが向かない訳もなく、先行して自分の競馬が出来ると言うのであれば買うべき一頭ではあるのだが。


フェデラリストは中山金杯、中山記念とスピード持続戦を連勝して、前走の大阪杯がスローからの急加速戦でショウナンマイティに負けたと言う履歴。レースに対する方向性としては決して合わない訳がない一頭ではあり、あとは状態面での不安がどこまで解消されているのか?という所に尽きるのだろう。能力面では通用して良いものを今年の履歴からは見せているのだが…

takaraduka.jpg



【函館7R】

土曜に引き続き、前優位の競馬が展開される筈。その先行力と言う点ではイケトップクイーン、マイディアソング、トップフライアーの3頭が抜けている感。本来であればその中で一番内のイケトップクイーン…と言いたいが、中間の調教量などがあまりに足りない感じが。それなら素直にマイディアソングからということで。ディアマンボウも一応拾うが、それよりは前3頭をとにかく厚めに。

2012-6-24hakodate7.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。