FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/16 函館より

【函館2R】

先行力必須の函館D1000。過去走を見る限り、このメンツで一枚抜けてテンが速そうなのはフェザーステップで、これが中心か。テンの争いで対抗出来そうなのはベルモントフェスタ、次位にジーピークロス。あとはエンプレスラブを連下に置いておく。一発あるならベルモントドラゴン。

2012-06-16-hakodate2.jpg


【函館7R】

人気のナムラボルカーンは元々ダートの2400や2500で好走している馬だけに、降級だろうと単純にスピードが足りませんでしたという結果に終わりそう。サントスシチーも近走成績を見る限りでは前に行けているものの、テンが39秒台では単純に恵まれただけとも判断出来る数字。この辺りが人気するならば、最内に入ったハタノゼフィロスの府中1600でテン35.3や小倉1700のテン36秒台後半の方が評価は高くなるだけに、こちらを信用する手か。相手を引くならレッドバビロン。

2012-06-16-hakodate7.jpg


【函館9R】

中心はスズカヴィグラス。府中1600でも先行出来る上に最後まで粘り込める総合力は評価出来る数字。人気がテンに速い脚のないダヴィンチバローズだと言うなら裏を取りに行くべき。京都戦でテンに速い脚を使ったスターマインと、府中1600を逃げた経験のあるハードロッカーは当然拾っておく。デルマインドラだとさすがに強調材料に乏しい感はあるのだが。

2012-06-16-hakodate9.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。