スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/4 新潟より+α

【新潟7】

アルティメイトラブの先行力が素直に上と判断。ただし決め手はない馬なので、この枠で控えたり中途半端なことをすると頭ないパターンは十分想定できる。その相手は最内引いて鞍上中舘ならのアステュート、ここ2走展開にやられてるエーシンウェンディくらい。グレートエンジェルまで考えれば問題ないとは思うが…

◎ 11.アルティメイトラブ
○ 01.アステュート
注 04.エーシンウェンディ
△ 05.グレートエンジェル


【新潟9】

もう1タイミング早く仕掛けてくれればケッキセヨが勝ち切れるか。ただ内にデルマダイコク、エッフェルと速そうな連中は居るだけにここをどう切り返すかが勝負。

◎ 11.ケッキセヨ
○ 04.デルマダイコク
▲ 06.エッフェル
☆ 03.トミケンプレミオ
☆ 09.ビッブセレブアイ


【京都7】

最内引いたアスターサンダーが行き切ればそのままでしょう。他のテン速そうな連中が軒並み外枠引いたのは大きく。

◎ 01.アスターサンダー
○ 11.マーティンオート
注 12.マウンテンファスト
△ 03.サンセットスカイ


【天皇賞】

高速馬場での持久戦となると、ある程度選択肢は絞られる。狙いはラストインパクト、高速馬場でのスピード持久力なら小倉大賞典を見ても相当高い馬。京都外回りでも適性があるところを松籟Sでも見せているし、そもそも展開として前受け出来るタイプが有力どころに多くないのはこういうタイプにとってプラスに働くと見ている。キズナは否定しない、ウインは鞍上変わりでどう乗るかがポイント。ゴールドシップは高速馬場で何か示したのかと。フェノーメノは状態次第。そういやレッドカドーが昨年3着の割に人気ないですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。