スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原稿と配信手法について。

今はニコ生配信をストップしてるので、このブログを見ている方はお分かりだと思いますが予想原稿の量自体は正直減ってます。配信してた最盛期(って言う程じゃないですけどね)だとどうしても量が増えてしまい、結果的に下原稿だけで2時間はざらに掛けて居ましたが。

と言いつつ基本線は今も変わらずなので、手法を一応紹介。まずは重賞ならば過去5年程度、その他ならばコースの大雑把なラップの動きを算出します。あとは各レースのラップの動きとレーシングビューアーの映像を見ながら探す、という程度なんですよね。どんだけ下調べをするかで話せる内容が変わってきますし、参考レースを見せる際にもこれを使えば分かりやすいよねという、あくまで見て下さる方の為にやってたという感じですか。だって、素人の大して当たりもしない予想を1時間とか見て下さってる方が居る訳ですから…それが放送側の礼儀って奴じゃないですかね、と。内容ない話なんて聞くの嫌じゃないですか。


また、重賞以外のレースをお勧めする際には、ダートに限ると各コースでの過去歴指標(from半笑いさん書籍)があって、それを満たした馬を自動算出出来るようにしてます。

okiniiri.jpg

こんな感じですね。これを出しておいて、あとは満たした馬を優先的にチェックし、満たして居ない連中はその後にざざっと見るという感じでやるようにしていました。こうすることでかなり時間短縮にもなるし、正直重賞予想で2時間とか掛けると他のレースまで手が回らないことが多いんですね。その為の苦肉の策ではあります。


原稿そのものはかなりガチガチに作り込んで放送していましたが、単純に何で?とかこれを消すのは何故?と突っ込んでくれる方が多かったので、それに対しての理由説明が必要だったと言うのが一番の理由ですね。トークスキルがある方ではないので、突っ込みに対しての逃げが欲しかったと言うのが正直なところです。

なお、過去にやってた地方重賞での生中継は完全ノープランで喋ってました。パドックを喋る際に出馬表を見てたのと、あとはオッズを見てる程度です。それ以外入れてもしょうがないし、生中継の最中に予想ってそんな必要?と思ってる人なのでw


桜花賞で久々に中継枠入ることになりそうなので、今から戦々恐々としている私です。中央の生中継って制約多すぎるんじゃーヽ(`Д´)ノ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。