FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 弥生賞 原稿

【弥生賞】

過去のラップからは中盤13秒近くまで緩んでからどう動くかと言う状況で、出走頭数がある程度居るとスパートタイミングが速くなる様子。逆に少頭数の時には上がり3Fだけが要求されることもしばしば。

人気2頭では中盤どスローからの急加速戦しか経験していないエピファネイアより、持久戦も急加速戦もクリアしたコディーノという印象。とは言え前者の血統を見る限り本質が急加速戦向きの馬とも思えないし、逆に後者はあまりに調整が軽すぎてこれで大丈夫かという疑念も。ならばここから中心を選ぶのではなく、他の馬からぶつけた方が得策じゃないかという結論。

そこで狙いはヘミングウェイ。前走シンザン記念は今から見れば相当なHレベルレースだったことは、3着以下のその後の成績を見ても分かること。ネオユニヴァース産駆ということで切れる脚はないことが未勝利戦を抜けるまで時間が掛かった原因だが、その分長い脚は使えると言うことの裏返しでもある。妙に人気落ちをしているが、ここは強気に行ってみたい。

20130303-nakayama11.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。