FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年度・種牡馬裏ランキング

昨年度の種牡馬ランキングに関してはJBISとか行けば分かりますのでここでは省略。今回は1番人気で3着以下に負けた数ランキングと、6人気以降での連絡みランキングを芝ダ別にざざーっとご紹介。

まずはぶっ飛びの方から。芝がこちら。

2012-siba-1.jpg

ディープ産駆が圧倒的でした。条件別での抽出などは後日再度行うということで省略しますが、気になるのはアドマイヤムーン。昨年トータルで560走しかしてないにも関わらずこの位置というのは過剰に人気になっている部分があるのでしょうかねぇ。飛ぶ時には3着内すらないタニノギムレットやジャングルポケット辺りはらしいなぁ、という結果。

続いてダート部門。

2012-dirt-1.jpg

シンボリクリスエスのトップは何となく納得できる結果なのですが、以前やったダイワメジャーが意外にダート不向きというデータがここでも証明された結果。もうちょっとクロフネが上位に来るかなぁという印象もあったので、それは意外だなぁと思ったりしております。で、何故タニノギムレット産駆をこんなダートで人気にしてるんでしょうか…



次は激走部門。まずは芝から。

2012-siba-2.jpg

単純に出走数多い連中が上位に来ました、というランキングになりました。とは言えその中でも比較的激走数の多いマンハッタンカフェだったり、ロージズインメイだったりとツボが狭そうな連中がある程度上に来てくれたのは何だか納得。下位の方ではリンカーン(全24連対中10発が穴)やバゴ(20連対中9発)という穴種牡馬も出てきていますね。逆に594走、79連対しているにも関わらず23位のネオユニヴァースは逆に人気での連対が非常に多いと言う裏返しでもあります。

続いてダート部門。

2012-dirt-2.jpg

こちらは出走数とは必ずしも比例しない感じのランキングに。上位ではネオユニヴァース、ゼンノロブロイ、ロージズインメイ辺りが比較的頑張っているライン。出走数、連対数の割にはそれぞれが良い数字を出しているので、これは素直に評価。11~13位の3頭ではスペシャルウィークで、昨年度の成績を見ても[31-15-10-203]と明らかにダートでは勝ち切れる馬が多く出ている。3単などで頭を決め打ちするには良い種牡馬でしょうね。

そして特注はシニスターミニスター。今年度産駆デビュー3年目になる種牡馬だが、昨年度のダート成績が16-16-13-62となっている(ちなみに芝は勝ち鞍0)。獲得賞金トップがビナスイートという段階でかなり地味目な種牡馬なのだが、これは今後も要注目。後日調査を入れてみます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。