スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 JCD 原稿

【JCD】

過去のレースラップを見ていても、基本的には耐久戦と言った印象。基本は阪神コースなりでの実績は欲しい所だし、スピードだけでどうこう出来るレースでないことは把握しておきたい。また、傾向として外を回すのは基本NG。昨年のワンダーアキュートしかり、4年前のカネヒキリしかりで穴はイン差し。むしろ外を回されて脚をなくす馬が出ていることには注意を払いたい所。


人気はローマンレジェンドだが、厳しい目線で見ると本当にこの人気は大丈夫か?と疑ってかかりたくなる印象。みやこSは京都の平坦コースでありタイムもOP基準レベル。札幌のエルムSにしてもエスポワールシチーに3kg貰って僅差の競馬、そして今回の調教も本当にG1で勝ち負けする調教か微妙な上に騎手は乗り替わり。これで勝たれたらしょうがないと思う反面、ダートG1は経験が大事という観点からも正直推しにくいなぁという感じ。一応少額押さえるものの、頭となると超えるべきハードルは相当高そうな印象で。


ワンダーアキュートは確かに京都のスピード比べよりは阪神のパワーコースでこそ、というのは分かる部分ではある。ただ前走一発で人気になりすぎな感もあるし、昨年は前述通りの最内強襲が綺麗に嵌り過ぎた部分があり、今回出遅れなかった場合に正攻法で乗るとなると先行策、そうなれば逃げ馬の外を常に回される危険性を孕んでいるのも事実であって。前述のローマンレジェンドよりは遥かにこちらをチョイスしたいが、本命視するには微妙に怖さがあって。


イジゲンは武蔵野のあの競馬を見ても強い馬なのは分かる。それは十分に認めた上でも、明らかに不器用過ぎる競馬しかしていない馬で、コーナー4つの阪神1800が向くとは到底思えない。堀厩舎の関西遠征が不振だとかもあるが、こんな舞台じゃなくコーナー2つのフェブラリーで買いたいという馬。現状中盤が厳しいラップがほぼ未経験というのもあって、今回ばかりは能力云々とは別に厳しいと判断。能力だけの競馬、つまり外捲り一撃をやられたら諦めるしかないだろう。


エスポワールシチーは昨年の競馬内容には不満が残るし、ピークの時からはさすがに落ちている印象は拭えない。とは言え前述の連中が明らかに不安材料を残しているだけに、それならまだチャンスはあるという状況か。トランセンドの番手マークで競馬が出来ると言う状況で、トランセンド自体が能力目減りしている現状ならば逆転の可能性は一応残しているのだろう。あとは乗り替わりの豊さんが変に控える競馬をしなければ、だろう。


逃げるであろうトランセンドがこんなに人気を落とすとは想定もしていなかったが、昨年の内容が再現出来れば十分チャンスはある。少なくとも先行勢のメンツは昨年とさほど変わっていないし、出して行くなら競り掛けられるということもそう考えられない。問題は今年に入ってから行き脚が付かない現状をどう見るかだろうが、この調教過程を見る限り体調は大丈夫と見た。今年の競馬は能力落ちと言うよりは自分の競馬が出来ていない分の敗戦と見ており、前走が明らかな叩き台だとすればこのオッズ急落は狙い目だろう。


と言う訳で結論。

2012-12-02-hansin11.jpg



人気とここまでの履歴を勘案すると狙いはトランセンドの連覇。相手も昨年同様の決着でエスポワールシチーとワンダーアキュート、ローマンレジェンドはあって2着までという馬券構築を。穴は前走外枠で何も出来ず、今回最内枠を引いたハタノヴァンクールか。まぁイン差し出来る様な鞍上でもなければ脚質でもないんですけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。