FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 菊花賞原稿 前段

【菊花賞】

2012-kikka.jpg


過去5年ラップは上表の通り。レースの動き出しの基本は坂下りのポイントからで、そこからの高速持続戦になるのは一目瞭然。このラップを差すとなれば実質坂の下りから動く必要があり、実質5F近くにわたって11秒後半~12秒フラットの脚を使い続ける必要がある。前でも結局同様のことが起こり得るだけに、結果として時計が早かろうが遅かろうがステイヤー資質と言うか、トップスピードの持続力を確かめられるという側面はやはり変わってないなという印象。

それだけに加速戦だけで好走歴のある馬はどうしたって脚が続かないことが多いし、仮に上手く乗られたとしても頭まで届くというのは相当に至難の業。それであれば坂下りで自然と勢いが付いてくれるだけに、ここまでの戦歴で自力加速に難はあるが勢いさえ付けば伸びてこれる様な馬を探すのが常道になる。


また、穴を買いたいのであれば、「京都外回りでの好走歴がある馬」が一つのキーポイントか。毎年の様にこれで穴が出ているという節もある。今年は案外それがある馬が少ないだけに、狙って言っても面白いかもしれないですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。