FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 神戸新聞杯

【神戸新聞杯】

過去のレースを見ても、徹底的に上がり3Fだけ極限の脚を求められる一戦になりがち。今回もそういう考えで良いのではないだろうか。

そういうレース質になった時に強いのはディープ産駆であることは間違いないので、その産駆であるヒストリカルとマウントシャスタをピックアップ。共に春の毎日杯で同様のレース質でワンツーを決めたこともあり、資質の方向性としては間違いなく向いている。思った以上にこの組み合わせでも付く感じはあるので、ならば行ってみましょうということ。逆にゴールドシップは共同通信杯で上がり勝負にも対応はしているが、本質的にこういうレース質は合わない筈。押さえるだけ押さえておくが、そこまで信用はして居ないという考え方。あとはディープ産駆の他2頭を3着目で拾ってみる。この2頭も方向性としては違う気はしますが、この文脈としては拾っておくべきかなーと。逆に上がり勝負は向かないダイワメジャー産駆とかは買いたくない。もう一頭拾うならカポーティスター、青葉賞こそ駄目だったがその前の新緑賞での上がり33.0は評価。

2012-09-23-hansin11.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。