スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/03/24 注目レース

【高松宮記念】

昨年と比較すると、馬場状況としては明らかに時計が出ている状況。確かに外差しが届いてはいるものの、土曜最終の豊橋特別のラスト3Fラップは500万にも関わらず12.0-11.3-11.7。意外と失速率は高くなっていない印象で、まして雨が降らないともなれば高速持久戦を想定しておけば間違いなさそうな感じ。


そうなってしまうと素直にロードカナロアから入らざるを得ない。昨年の失速戦でも僅差3着、そこから成長を見せた上に条件は楽になるとなればそこまで否定材料はないか。相手は高速時計を克服したドリームバレンチノをまずは筆頭格に。元々は全体時計が要求されると辛い感じではあったが、それを克服したのが昨年のスプリンターズ。鞍上もこのコースならば信用して買って行けるだけに、サンカルロよりはこちらを上位に取る。後は中山の耐久戦をクリアしたサクラゴスペルを次位に取っておく。

サンカルロは条件的には昨年より辛くなっているし、そもそも厩舎の臨戦過程自体が昨年程力が入っていないのも事実。失速率が高くなる状況ならばともかく、そこまで上がらないと見ている以上は評価はしにくく。そりゃ押さえる必要はありますけどね…

20130324-chukyo11.jpg

スポンサーサイト

2013/03/23 注目レース

【中京6R】

ヒカルソラフネが出てくるが、鞍上の成績を見る限りは強調しにくい。勿論資質方向としては評価するし、前走より展開も楽になりそうなだけに買わざるを得ないが頭取りという意味では疑問符。ならば左回りでこそのエアカーネリアンの方を頭に取っておきたい。相手は差し馬勢からエスペランサシチーとリアリーサムシング、前が楽になるならもう少し上積みありそうなニシノプレゼンスも。

20130323-chukyo6.jpg


【日経賞】

素直にオーシャンブルー。前走有馬記念で2着したが、スタミナ必須の持久戦を差し込めたのはちゃんと評価すべき。むしろそれでも単2人気想定はまだ人気していないなぁとも思う。逆にフェノーメノは2500内回りでの機動力を兼ね備えているかに疑問符残るだけに、一枚評価は落としておく。あとは函館記念など小回り2000でもスタミナ発揮のトランスワープ、タッチミーノットも評価はするがG2のスタミナ勝負で浮上するかは微妙なところ。以下ムスカテールまで。

20130323-nakayama11.jpg

2013/03/16 注目レース

【若葉S】

過去歴を見ても、この時期にしては中盤ラップが意外に落ち込まない傾向が見えている。コース形態もあるのだろうが、余程能力が抜けていない限りは京都の高速上がりで好勝負出来たから何?という一戦になる。

そうなると基本線は後半のキレより持久力。そういう前提で考えると一番安心出来そうなのはアドマイヤドバイか。基本的にラジオNIKKEI杯などを見ても上がりの競馬でどうこうという馬ではない。むしろ福寿草の様にある程度流れが締まってくれた方がパフォーマンスは上がりそうな馬だけに、この条件替わりでもう一押しありそう。あとはきさらぎ賞の様に変に後ろから行かなければ良いのだが…。

相手も先行して始めて能力全開のマズルファイヤーが本線。コーナー4つの方がパフォーマンスを上げれそうな血統背景で、前で競馬出来ると言う自分の型を持っているのはこの時期大きな材料で。メイケイペガスターは前走内容は評価しても、あれが阪神2000で活かせるかはまた別問題。サトノノブレスは単純に道中のペース上がって対応出来るかが怪しそう。道中スローの展開しかやってないだけに、ここでパフォーマンスを上げれるとは考えにくい。

20130316-hansin11.jpg

原稿と配信手法について。

今はニコ生配信をストップしてるので、このブログを見ている方はお分かりだと思いますが予想原稿の量自体は正直減ってます。配信してた最盛期(って言う程じゃないですけどね)だとどうしても量が増えてしまい、結果的に下原稿だけで2時間はざらに掛けて居ましたが。

と言いつつ基本線は今も変わらずなので、手法を一応紹介。まずは重賞ならば過去5年程度、その他ならばコースの大雑把なラップの動きを算出します。あとは各レースのラップの動きとレーシングビューアーの映像を見ながら探す、という程度なんですよね。どんだけ下調べをするかで話せる内容が変わってきますし、参考レースを見せる際にもこれを使えば分かりやすいよねという、あくまで見て下さる方の為にやってたという感じですか。だって、素人の大して当たりもしない予想を1時間とか見て下さってる方が居る訳ですから…それが放送側の礼儀って奴じゃないですかね、と。内容ない話なんて聞くの嫌じゃないですか。


また、重賞以外のレースをお勧めする際には、ダートに限ると各コースでの過去歴指標(from半笑いさん書籍)があって、それを満たした馬を自動算出出来るようにしてます。

okiniiri.jpg

こんな感じですね。これを出しておいて、あとは満たした馬を優先的にチェックし、満たして居ない連中はその後にざざっと見るという感じでやるようにしていました。こうすることでかなり時間短縮にもなるし、正直重賞予想で2時間とか掛けると他のレースまで手が回らないことが多いんですね。その為の苦肉の策ではあります。


原稿そのものはかなりガチガチに作り込んで放送していましたが、単純に何で?とかこれを消すのは何故?と突っ込んでくれる方が多かったので、それに対しての理由説明が必要だったと言うのが一番の理由ですね。トークスキルがある方ではないので、突っ込みに対しての逃げが欲しかったと言うのが正直なところです。

なお、過去にやってた地方重賞での生中継は完全ノープランで喋ってました。パドックを喋る際に出馬表を見てたのと、あとはオッズを見てる程度です。それ以外入れてもしょうがないし、生中継の最中に予想ってそんな必要?と思ってる人なのでw


桜花賞で久々に中継枠入ることになりそうなので、今から戦々恐々としている私です。中央の生中継って制約多すぎるんじゃーヽ(`Д´)ノ

2013/03/10 フィリーズR原稿

2週前の阪急杯同様、基本は最後失速する1200に近い質のレース。毎年1600やそれ以上の方が良いだろうと思われる馬が出てきては人気で飛んでいるのが恒例行事。


人気のサンブルエミューズは正直どこまで信用していいかが分からない。前走のフェアリーSの上位2頭がその後重賞やOP勝ちをしており、そことタイム差なしなら…という理屈は成り立つのは分かる。とは言え新馬戦で前傾ラップを落としていること、逆に芙蓉Sでの後傾ラップであっさりという辺りはこのレースに向くかは微妙な感じ。前走にしても、ウキヨノカゼに差されたのはともかくクラウンロゼに差し返されたのは駄目でしょ、とも思うのだが。

サウンドアリーナは前走の負けが納得いかないが、それ以外はまぁ方向性としてそう間違ってないかな?という印象。新潟2歳やファンタジーでの持久力ラップで好走出来ているし、SSが入らないケイムホーム×ダンシングブレーヴならば失速ラップでも対応出来そうな感じはあるだけに。
メイショウマンボは阪神で大丈夫か?というそもそもの疑問を残す。レース振りを見る限り、加速に意外と時間が掛かる馬で、京都で好走出来ているのはそういう点もあるのだろう。レースとして後方待機は嵌りそうだが、それとはまた別問題な感じもあって。

ということで穴は他の連中。1200質の馬で、かつ失速戦でも成績を残しているという前提で見て行くと案外見当たらないが、その中では5枠両頭とハイマウンテン。サマリーズはダート馬かもという懸念こそあるが、芝での新馬は決め手勝負になっただけに参考外。こういう失速ラップならば可能性は残すだろうし、むしろ芝でハナを叩けたという戦績はスピード値としては評価したい。ラトーナは新馬以来だが持久力自体はそのレースでもしっかり見せている。能力面での懸念はあるが、方向性としては面白そうな感じ。ハイマウンテンも年末の阪神戦や年始からの2戦を見る限りそこまで能力差は感じない。失速戦に対する持久力はありそうで、このレースでこそという感はあるのだが。

20130310-hansin11.jpg

2013/03/10 注目レース

【中京9R】

展開的に行きたいクチが意外に多くない一戦。ならば前でスピード活かすタイプのヒカルソラフネにとってはお誂え向きな展開になりそう。坂登ってからの失速率が高いコースだけに一抹の不安は残すが、早めに突き放す形を取ってくれるなら。相手はざっと差し馬勢を揃える。

20130310-chukyo9.jpg

2013 弥生賞 原稿

【弥生賞】

過去のラップからは中盤13秒近くまで緩んでからどう動くかと言う状況で、出走頭数がある程度居るとスパートタイミングが速くなる様子。逆に少頭数の時には上がり3Fだけが要求されることもしばしば。

人気2頭では中盤どスローからの急加速戦しか経験していないエピファネイアより、持久戦も急加速戦もクリアしたコディーノという印象。とは言え前者の血統を見る限り本質が急加速戦向きの馬とも思えないし、逆に後者はあまりに調整が軽すぎてこれで大丈夫かという疑念も。ならばここから中心を選ぶのではなく、他の馬からぶつけた方が得策じゃないかという結論。

そこで狙いはヘミングウェイ。前走シンザン記念は今から見れば相当なHレベルレースだったことは、3着以下のその後の成績を見ても分かること。ネオユニヴァース産駆ということで切れる脚はないことが未勝利戦を抜けるまで時間が掛かった原因だが、その分長い脚は使えると言うことの裏返しでもある。妙に人気落ちをしているが、ここは強気に行ってみたい。

20130303-nakayama11.jpg

2013/03/03 注目レース

【小倉2】

前走コップヒヤザケが叩き出したテンの数字は重馬場だとしても秀逸。ここもテン比較では抜けている上に内目の枠を引いて、ここはそのままと見たい。相手は出遅れても良い脚使えたメリーチャンが筆頭格、もう一列前の位置で競馬出来るなら。あとはサルジュとかワンダーエレメントと言ったテンで数字持っていて内目の枠引いた連中を。外枠の人気勢は数字こそ持っていてもそこまで信用出来るかは疑問符。

20130303-kokura2.jpg



【阪神5】

前走は先行勢総崩れに巻き込まれたスマートアレンジとダブルファンタジーを見直す手。逆にそこでド嵌りしたボストンビリーヴとの両立は考えにくく、それならばテンの数字を持っているサウンドアドバイスとかストゥーディアス辺りを。

20130303-hansin5.jpg

2013/03/02 注目レース

【オーシャンS】

このメンツで前が緩むことは考えにくい。ある程度ハクサンムーン辺りが飛ばして行っての最後失速戦、という想定で見ておけば良いのではないだろうか。

そうなると人気のダッシャーゴーゴーはそこまで信用が置けなくなるのでは。元々イーブン~後傾ラップだと安定して走り、逆に前傾ラップでは信頼度が一枚落ちる馬。それだけにラスト1ハロンで12秒台と言ったレースで信用出来るかは微妙。アドマイヤセプターも後傾ラップでこそだけに、こういうレース質で買う気は一切ないし、それはハクサンムーンも同様。

ならばそういう状況で前進見込めそうなツルマルレオンから入ってみるのは一つの手だろう。68秒ちょっとの状況で、最後失速するレース質だと言うのならばきちんと追い込んでくる馬。戸崎がいきなり重賞制覇と言うのも出来過ぎな話だとは思うが…。
相手は中山・中京の坂コースでの失速戦ならばまだ上見込めるサクラアドニスと前止まる状況ならばのサドンストームが本線。あとは一応サクラゴスペルとラフレーズカフェ。穴ではアフォードか。失速戦ならば前走の様なことはない筈で、もう少し上積み見込めるだけに。

20130302-nakayama11.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。