スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/29 注目レース

【新潟2】

先行力あり、ある程度上がりもしっかり使えるダンシングミッシーが外枠入ったと言うならこれを中心に据える一戦。相手はワキノネクサス、エバーシャン、シャングリラを中心に考えつつ、穴は前走と同じ条件揃った割に人気のないエイブルトップガン。

2012-07-29-niigata2.jpg


【札幌4】

先行力・上がり共にしっかり出せているランフォーライフを中心に。荻野君というのは甚だ怖い材料ではあるのだけれど、まぁそこはあまり深く考えずに。ケイエスファントム、クニコチャン、メイショウヤギュウ辺りを相手にはピックアップする。

2012-07-29-sapporo4.jpg


【小倉6】

こちらは先行力などを勘案するとフィールグリュック、ジプシーマイラブ、テイエムキュウベエの3頭でほぼ何とかなるんじゃない?という印象を受ける一戦。甘く見てエイシントラベラーまで考えておけば。頭を考えるのならば減量起用のフィールの逃げてそのまま。

2012-07-29-kokura6.jpg


【新潟8】

こちらも減量起用、中山で33秒台先行歴のあるタニセンジャッキーが出来ているならば中心に押さざるを得ない一戦になる。ホーマンフリップがそこまで信用できない割の1人気だというならむしろこっちでしょう。相手はローレルレジェンドとペガサスヒルズを強めに拾っておく。

2012-07-29-niigata8.jpg


【クイーンS】

小回り1800の牝馬重賞になるとコスモネモシンしか見えません。丹内が降りたと言うこともかなり大きいが、実績の割に毎度毎度人気がない一頭。黙って単複買っておけば良いんじゃないでしょうか。相手を引くならばレインボーダリアとフミノイマージン。まぁ馬体重出てからでも遅くはないと思います。例年2桁増で出てきて飛ぶ連中がかなり多い一戦であることは間違いないので。

2012-07-29-sapporo11.jpg
スポンサーサイト

7/28 注目レース

【新潟2】

先行力、そこそこの上がりを両立しているショウナンワヒネが減量起用と来ればまずこれを中心に置かざるを得ない。相手は先週、先々週の傾向に沿って上がり重視、ミラクルミイクンとウエスタンスマイルを筆頭に、以下アルマサントとコスモソウタ。アンバウンドは戦績からは拾い切れないが、まぁ押さえ程度に買っておけば良いのでは。

2012-7-28-niigata2.jpg



【札幌3】

前走の内容が秀逸だったトミケンスプリングが中心の一戦。先行力あるサクラルモンドも居るが、どうにも1000戦ではイマイチの走りだったのは気掛かり。それであれば前走モロに不利を受けたマスターキワミをもう一度考えてみたい。以下ヴィルトゥオーサを軽く押さえる程度。

2012-7-28-sapporo3.jpg


【札幌9】

ここは人気4頭でしょうがない一戦か。ただ勝ち切るとなるとジャンナかという感じ。函館より後半持続力が問われる札幌コースの方が良さそうな馬で、中山1800でも先行して好走出来ているというのは一つの評価ポイントになる。相手は人気3頭+タケルハヤテまで。

2012-7-28-sapporo9.jpg


【小倉最終】

ここは流石にウエスタンハピネスの逃げ圧倒でしょう。降級馬にも関わらず減量起用で52kg、元々1000万の中山1200でもハナに立てる位のテンスピードを持っている馬だけに、スタートさえミスしなければ行ってそのままか。相手は休み明けだがニザエモンが筆頭、あとは先行力ある減量起用のサハラブレイヴと、メイショウドルセーを軽くフォローしておく。

2012-7-28-kokura12.jpg

7/22 注目レース

【中京記念】

基本的には最後1Fで失速するコースラップに従って考える感じ。それだけに、最後3Fだけ速いレースで勝ってきた馬は軽視するし、逆に失速戦に強い馬を拾い上げて行く感じで良いのではないだろうか。


ここは出資馬の欲目もあるにはあるが、フラガラッハに期待の一戦。前走の阪神外回りマイルを勝ったこと自体が自分としても正直驚いた一戦であって、元々は阪神1400の内回りでなければ重賞での好戦は出来なかった馬。その阪神1400のラップデザインを見ても最後1Fが失速する感じだけに、基本的にはそういうコースでこそ買いたい馬という印象をずっと持っていた。枠は確かに良い材料ではないが、どうせゲート不安のある馬だけにそこまで心配はしなくてOK。こんな機会もなかなかないですし、全力で応援と参ります。


相手は消耗戦ならば拾い上げなければならないエアラフォンとショウリュウムーンを筆頭に、4枠2頭も同じような方向性で好走しているのでこれも考えておく。
逆にエーシンリターンズはスロー競馬でしか好走見せていないだけにこれは危険と見る。レッドデイヴィスも勢い切れたタキオン産駆は上昇見せるまで買えないですしね。

2012-chukyokinen.jpg


【アイビスSD】

このコースも何だかんだで最後失速戦にはなるよというのが考えのキーポイントか。道中のコース起伏の関係もあって最後1Fがしっかり掛かるだけに、そこを凌げるだけの履歴がどうしたって欲しい所。

こちらはジュエルオブナイルに期待を寄せてみる。近走を見ていても、最後1Fが掛かるレースでこそ浮上できる馬で、逆にラストまで11秒台で流れた朱雀Sを落としたと言うことはそういう資質方向の馬でしょということ。元々小倉、京都でテン33秒台で走破出来るだけのスピードを持っているならばそこまで足りないとは思っていない。斤量54kgの牝馬で外枠ということもあって、諸々条件は揃ったと見る。

相手は昨年勝ち馬エーシンヴァーゴウを筆頭に、ビウイッチアスやオウケンサクラの牝馬勢を揃って上位に。どれも消耗戦の方が合っているタイプだけに、まぁ素直に拾っておきましょという感じ。以下アフォードとパドトロワまで。
エーシンダックマンは外枠でも消耗戦は駄目というクチだけに、この舞台では信用を置きたくない。ハクサンムーンも勝った3戦は全て上がり速い一戦。アドマイヤムーンの産駆が耐久戦向くという印象が無いということもあって、ここではご遠慮願いたい所。

2012-aibisu.jpg


【札幌7】

ここはロイヤルインパクトでしょうがないか。札幌1700向きの後半持続力を持った馬だけに、あまりどうこうと否定する理由が見当たらない。相手はシンワウォッカ、ラヴフェアリー、アポロパレス辺りをチョイス。アプレレクール辺りまで考えておけばまず何とかなると見るが。

2012-07-22-sapporo7.jpg


【新潟8】

ここは大外枠引いたがカフェヒミコ。今日を見ている限りはある程度の位置から後半加速出来る馬でなきゃ駄目という状況で、それを兼ね備えているのはこの馬とケイアイヘルメスくらいのもの。外目の枠の方が優位ということもあって、こっちを上位に取っておく。以下の印は3着要員ということで、少し多めに拾っておく。

2012-07-22-niigata8.jpg

7/21 注目レース

【札幌7】

1000万でも先行して粘れるだけのスピードを持っているホクトキングダムを中心視せざるを得ない一戦か。単純にテンのスピードで片を付けられる札幌D1000に出走してくること自体が反則な訳ですが。相手は前走好内容のキンショーユウジャと、昨年に小倉でダッシュ効かせた経験有るハーイスマイルの2頭が本線。以下アシュアとクレバーアポロだが、基本は前の2頭を厚めに取る。

2012-07-21-sapporo7.jpg


【新潟8】

ここまでに同コースのレースが2戦あるので、最終決断はそこを見てからだろうが…前段階ではどう転んでも確実に行って、500万をあっさり通過できたナムラジュエルを中心に据える。相手は先行力高いラベンダーカラーやイケトップクイーン、トーセンプリモに振るか、逆に差し脚の方を重視してアルデュールやデンファレに振るかは当日次第ということで。

2012-07-21-niigata8.jpg

7/15 注目レース

【新潟2】

今日の新潟を見ている限り、差し脚ある馬の方が安心して買えるという印象。特に1200に限っては、本日の両レースとも勝ち馬は前目からだったものの、2、3着馬に関しては中団あたりからの突っ込みだったことは気にしたい所。むしろそこまで先行力は重視しなくても良いのでは?という印象を受けた。

さて、それを踏まえての当レース。上がり脚を重視して組み立てると、一番安定感がありそうなのはカネトシミント。前走は妙にちぐはぐなレース振りではあったものの、2着のアンアミューズドより苦しい競馬をしながら僅差の内容と言う感じ。真っ当に走れれば力量上位はこちらだし、過去走を見ても上がり脚は常に安定して使えている。まずはこれを中心に、相手は前述アンアミューズドと減量起用のサクシナイト。以下インディライト、ロードパルジファル、アルマサント辺りまで考えておく。

◎ カネトシミント
○ サクシナイト
▲ アンアミューズド
△ ロードパルジファル、アルマサント、インディライト

【函館7】

思った以上に先行力の無いメンバーが揃った印象の一戦。その中で同級でも上位の先行力を見せたミシックトウショウが出走しており、これを素直に中心に据えるしかない一戦か。相手はオオミカミとモルフェソングエルを拾う。大逆転を期待するなら久々のダートになるエクメーネ、芝での先行力はそこそこのものを見せているだけに、最内枠から出して行けるなら…だが。

◎ ミシックトウショウ
▲ モルフェソングエル
△ オオミカミ、エクメーネ

【函館記念】

洋芝での持久戦。まして基本的に上りが続く函館コースでかつハンデ戦とくれば、相当な消耗戦を考えておいて良い様には見える。ということで、基本線はサンデーの切れ(というか血)は基本的に敬遠、パワー型の馬から選びましょという方針で、トランスワープを指名するという状況か。元々持久力には比較的優れた一頭で、逆にこの血統だけにスピード要求となると苦しい馬。前走は鞍上のミスと言うべき一戦、大野騎手に戻ったここは勝負の鞍だろう。相手は前年度勝ち馬キングトップガンと、持久力勝負となれば差がないロードオブザリング。以下洋芝得意のマイネルスターリー、マヤノライジン辺りも警戒しつつで。

◎ トランスワープ
○ キングトップガン
▲ ロードオブザリング
△ マイネルスターリー、マヤノライジン

7/14 函館より

先行公開で函館ダート1000を。


【函館3】

意外と混戦なメンバーだが、それでも内目の枠入ったクルーミンミジーが順番か。テンのダッシュ力には安定したものを見せており、最後もきっちり詰めれるだけの脚は持っている。前走もアポロパックマンに差されはしたが、この時は6枠発進で枠差があったのも事実。そのアポロより内枠に入って先行はしやすい状況とくれば。相手はそのアポロと、スタープラチナ。人気だろうがこの3頭の組合せは比較的強めに買って行きたい。以下では最内枠引いたバトルマグマの先行力も一応考えてみるが、成績の見た目ほどテンに速くないだけにその辺りは果たしてどうか。


◎ クルーミンミジー
○ スタープラチナ
▲ アポロパックマン
△ バトルマグマ


【函館7】

逃げたいクチでの比較を考えれば、減量込みでトップフライアー。前走は大外枠からの先行、かつスタート出遅れからの挽回も必要だったりとなかなか厳しい競馬だった割に、最後まで残しているのは良い内容。その時よりも内枠を引いたこともあるし、前走の2着馬が次走同条件勝ち、勝ち馬も1000万6着ならばそろそろこの馬も何とかしてくれても、と言った感。相手も先行力あるコーリンハッピーとサクラデスティニーは当然拾っておく。怖いのはメイショウフォローで、きっちり出して行くならそこまでテンの速さも差はないだけに。

◎ トップフライアー
○ コーリンハッピー
▲ サクラデスティニー
☆ メイショウフォロー

7/8 プロキオンS&注目レース

【プロキオンS】

このコースでのレースに関しては、大体がテン34秒前半~上がり37秒半ばというラップ形態がどうもデフォルトに考えておけば良い様子。特に最後1Fが13秒近くまで落ち込むこともざらにある様で、その辺りは最後の坂からの凌ぎ合いという側面は相当強そう。また、今回のメンバー構成を見るとかなり前に行きたいクチが勢揃いしており、そういう意味でもテンからの急流戦は必至。その上このコースということもあって、急流からの失速戦を制した経験のある馬を中心に考えてみたい所。


そうなると人気両頭の扱いが大分変ってくる。結論から言えばファリダットを下げて、シルクフォーチュンを上げるという考え方。
ファリダットに関してはダート転向後の4戦で唯一馬券圏内を外したのがテン33秒台に突入したコーラルSで、逆にテン34秒台以上になったそれ以外の3戦に関してはオール連絡み。そういう意味からすれば緩流で脚を溜めての差し込み型であり、逆に急流戦だと道中の追走で脚を使ってしまうというのが現状か。そういう意味ではこの外的条件が合うとはなかなか考えにくい。
逆にシルクフォーチュンは1400~1600での急流戦となれば確実に追いこんでいる馬で、昨年のプロキオンや南部杯、今年のフェブラリーはどれもそういう条件での差し込みだった。逆に緩い流れになった武蔵野で星を落とした辺りはそういう資質方向の馬と言うこと。

この対比から言っても両立は少なからず考えにくいし、今回の条件に合うのはシルクの方だと考えるのが筋か。あとは相手にも失速戦向きの馬をピックアップ。インオラリオ、テイクアベット辺りはその資質が伺えるので素直に拾うし、球節炎明けのワールドエンドもこの方向ならチャンスはあっても。アドマイヤロイヤルも緩流向きの馬と見ている以上、ここでは軽視。

2012purokion.jpg


【中京3】

ここはテイエムキュウベエにチャンス到来。このメンバーならばテンのスピードで抜けている感。馬場も味方に出来るだろうし、今回こそだろう。相手筆頭は初ダート時にもスピード見せたパンツァーリートと、能力ありそうなベルラピエルの7枠両頭。ヒラボクダッシュ、サチノタカチホ辺りを押さえて馬券構築。

2012-07-08-chukyo3.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。