スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 阪急杯&中山記念展望

【阪急杯】

2012-hankyuu-rap.jpg

ざっとラップを眺めてみると、やはり阪神1400らしい持続戦。
いつも通り京都1400の好走馬を蹴るのと、
あとは1200の失速戦向きの馬を拾い上げれば良いのでは。


とは言いつつ、昨年の1、2着馬が出走されてはどうしようもないのが本音。
サンカルロ自身はこのコースでの失速戦がベストなのは言わずもがな。
否定材料があるとすれば現状の馬場だが、それも昨年克服しているだけに…
まぁ力を落としている訳ではないのは昨冬の阪神Cでも明らか、素直に中心視という考えで良いのだろう。

ガルボに関しても同様。
昨年2着、前走もスピード持続能力はありますよということを証明した一戦。
現在絶好調、かつ先行するには良い枠を引いたと言うこともあって買い目から外すというのは如何にも暴挙にしか見えない。

この2頭の牙城を崩すのは容易なことでないだろう。
ましてや斤量も他馬とほぼ同斤ということもあって、安くてもまずはこの組み合わせはどうあれ押さえ必須。

3着目などでチャンスがあるとすれば、まずスプリングサンダー。
阪神1400の失速戦には適性の高い馬で、過去の実績などから考えてもそれは明らかな部分。
分かり易く京都で成績を下げて阪神で上げる馬でもあって、適性面から考えればこれを拾わない理由はない。

オーセロワもGサドルTで見せたラップは秀逸。
元々ダートで走ってた馬でもあって、こういうスピード持続勝負には向いている。
ただスピード面でもう一枚上を出さないと時計的に足りないという感じもあって、積極的に頭から買いに行く程の信用は?3着目なら可能性あるとは思っていますが。

穴なら北九州記念の1、2着組だろう。
そもそも昨夏のサマースプリント路線でも相当の耐久勝負になった一戦。
それを差したトウカイミステリー、先行して残したエーシンリジル共に失速ラップのここに適性はあると見ておきたい。勿論共にスプリンターズからの休み明けでもあって、状態がどこまでちゃんとしているのか?という疑問には正直に居たいのだが。

2012-hankyuu.jpg
スポンサーサイト

2012 アーリントンC 原稿

2012-arinton-rap.jpg

過去5年ラップは上記の通り。
阪神コースを使うのが年末以来ということはあるにせよ、それにしても道中緩まない。
更に、その割には結果として来ているのは前の組が殆どという事実もある。
なまじっか溜めてドンの加速競馬しかしていないとなれば苦しくなるだろうし、
そもそも朝日杯からの出走例も多いだけに、短距離向きの馬の出走が多いというのもあるのだろう。
まずはスピード持続競馬を経験し、そこで成績を残している馬を重点的に。


人気はダローネガだろう。
とは言えこの馬、そこまで信用出来るか?となると案外微妙な感。
父ダイワメジャーだけに阪神コースが良さそうな感じはあるものの、
ここまでの戦績からは加速競馬でないと駄目という結果になっている。
実際ここまでの連対3鞍は全て中盤緩んでの加速レース、
逆にスピード持続が要求された新潟2歳、朝日杯と落としているのは事実。
現状の完成度だけで何とかされる可能性は否定しないが、
少なくともこのレースに向いた馬かと言われると疑問符は残る。


逆に同じダイワメジャー産駆でもオリービンの方は持続競馬向きの馬。
京王杯、千両賞、500万勝ちとスピード持続能力はある所を見せているのが現状。
前走は内馬場が良い状況を何故か最後方から行っているだけに参考外だろう。
問題があるとすればその脚質で、
どうも小牧騎手はこの馬を差し馬にしたいのかな…?という印象を受ける。
京王杯の様に先行出来るのであれば中心視まで考えて良い馬ではあるのだが。


ジャスタウェイは新潟2歳の2着馬。
前走は最高速勝負でディープ産駆が強かったですね、ということではある。
この馬自身は新潟2歳を見ても分かる通りの持続力型で良いと思うが、
これも鞍上まで考えると中団から行きそうでそれが懸念材料。
それで差せるほどの馬か?というのは考えておいても良いだろう。


ローレルブレットは前述千両賞の勝ち馬。
サムライハート産駆でトップスピードは高くないけど持続力はあるタイプ。
中盤速い同レースで結果を残しているのは評価の対象である一方、
そこでも中団以降からの競馬というのはやはりスピードはないなぁ…と。
前走の様に先行出来るなら、だが。


ブライトラインはここまでのレースを見ていても、
加速力はないということは大体掴めている。
前走自体も最後の加速力の差と言う感じで、
この馬自身はずっと12秒フラットくらいの持続力要求の方が良さそうな感じ。
とは言えレースラップ傾向を見ているともっと上のスピードが必要で、
そこまでの能力があるかとなると微妙な感。


穴ならネオヴァンクルでどうか。
阪神1400のキツ目な均一ラップをきっちり勝っていて、
朝日杯にしても厳しいラップを先行し、最後は失速してしまったが及第点の内容。
そのレースにしても人気のローレル、ダローネガとほぼ差の無い競馬をしており、
それがこれだけ人気差有ると言うのが私には分からない。
先行優位なレースと言うことまで考えれば、決してノーチャンスには思えないが。


ダイワマッジョーレは何か凄いの?
人気するかも分からないが、前走はただの急加速レースを制しただけ。
血統とか馬体で推すならともかく、それは私には分かりませんとしか言い様の無い部分。
ま、そこまででもないでしょ…とは思ってますけどね。

2012-arinton.jpg

WIN5考。

時間あったので、単発企画でWIN5を考えてみた。


【セントポーリア賞】

府中らしい急加速適性が要求されると考える。
そうなればベゴニア賞の2、3着馬オコレマルーナとリアルフレアは上位評価。
これに伍するとすれば新馬勝ち後だがヴォードヴィリアン。
もう一頭の人気メイショウスザンナだと、現状スピード持続競馬で500万、菜の花賞と来ているだけ。現状の適性要求だと違うと判断せざるを得ない。

推奨:9,11


【河原町ステークス】

調教師・鞍上の勝負レースになりそうなメイショウマシュウが人気だが、現状の馬場で頭まであるのかは一応考えておきたい。
変に展開が後ろ掛かりになりそうでもあって、そうなると穴が出るなら前の組だとは思うが…。
消耗戦でも残した実績のあるサイオン、展開向きそうなフィールドシャインには注意しておく。58週ぶりはさすがにどうかも、メトロノースも一応。
スノードラゴンが現状通用するかと言われるとさすがに厳しいんじゃない?

推奨:2,11,(7,9)


【アメジストS】

府中2000も、1600万条件は案外加速競馬になりがちなコースだが、その割に出走馬は悉くスピード持続の方が得意な連中が集まっている。スローの上がり勝負を考慮して固めてみたいが。

そうなると府中で好成績のノーステア、ラヴェルソナタ辺りが中心視される。これ位しか加速競馬が得意と言う馬が居ないのでね…。単騎逃げ打てそうなアロマカフェは一応拾っておいても良いのでは?

推奨:2,4(,12)


【洛陽S】

日本で未勝利の鞍上を乗せてきたトーセンレーヴを消して勝負すべきレース。

狙いはトウショウフリーク。芝は走れない訳ではないだろう。未勝利時は勝ち馬を見れば分かる通りのHレベルレースだらけで、ダートでもスピード持続は披露しているだけにチャンスはありと見る。
他では阪神の方が良さそうでもマイネルクラリティ、ワイルドラズベリーも消耗戦マイルならチャンスはあって良い。ピュアブリーゼも渋った馬場は確実に上手い一頭で。

推奨:3,6,11,15


【フェブラリーS】

印は前項に譲る。
WIN5ということであればある程度絞れるんじゃないかなーと。

推奨:10,15(,3)

2012 フェブラリーS 原稿

febrary-rap.jpg

過去5年ラップを踏まえると、まぁキツイレースやってますよね、と。
道中どこでも緩むタイミングが無く、その上最後までスピードを持続しろと要求される。
そういう意味では相当な総合力が要求されてくる以上、
下手に展開云々で推すのはハナからナンセンスと言わざるを得ない。
逆にスタミナなども要求されてくるので、
中距離馬でもチャンスはあると判断せざるを得ないコース設定か。

なお、昨年はトランセンドの逃げで思いの外ペースが緩んだことも
合わせて言っておく必要があるだろう。
今回大外枠を引いたが、ケイアイテンジンやエスポワールシチーの存在がある以上
簡単にハナという考えはしない方が良さそうだ。


まずは前哨戦を総チェック。
JCダートが
12.5 - 10.5 - 12.8 - 12.4 - 12.7 - 12.3 - 12.2 - 12.0 - 13.2
を先手取ってトランセンドが押し切りの形。
阪神1800としては時計も大したことないのでは?とも思いがちだが、
この週は金曜日に凍結防止剤が入ったこともあって全体的に時計が掛かっている。
そういう前提を踏まえても前半があまりに速く、
そして中盤ラップはそこまで強烈でもないという評価だろうか。
ここから距離短縮ならば前の組となるのは当然の話。
(躓いたにせよ)後ろから追い込んだワンダーアキュートは
ここからの評価としてはそこまで上げるべきでもないよねということ。
エスポワールシチー自体も最後差されたものの、競馬振り自体は悪くない。


続いて南部杯。
12.0 - 10.9 - 11.4 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 12.4 - 13.1
となっており、エスポワールシチーの飛ばし逃げで総力戦に。
前半6Fの通過を見れば最後2Fがこれだけ掛かるのも止むを得ない。
今回はここまで速いペースになるかは正直微妙な感はあるものの、
この総力戦の1、2着馬は素直に評価すべき内容。
追い込んだシルクフォーチュンも激流でないと駄目だというクチで、
あとはペース如何で取捨を決めるしかないかという感じ。


東京大賞典はスマートファルコンのいつもの逃げだが、
12.3 - 11.2 - 12.0 - 12.1 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 12.7 - 12.3 - 13.2
という相も変わらぬ厳しいラップとなっている。
これを大井でやっていることはもう凄いよね、ということにもなるが、
スマートファルコンをハナ差まで追い込んだのがワンダーアキュート。
前述のJCダートも合わせて、こういう急流戦はやはり得意だと言わざるを得ない。
そして地味にテスタマッタも2馬身差3着まで追い込んでおり、
ワンダーアキュート同様の急流適性は秘めていると判断出来る。
この2頭に関してはあとは距離適性の問題なのかなぁ、というレベル。


続いて平安S。不良馬場での施行で、
11.9 - 11.2 - 12.3 - 12.3 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.8 - 12.5
を番手のヒラボクキングが押し切った形。
前が止まらない不良馬場だったのは事実ではあるものの、
意外と中盤ラップが緩んでなかった一戦。
エスポワールシチー自身は良い競馬なのだが、それにしても勝てなかったのは…


根岸Sは
12.5 - 11.2 - 11.6 - 12.1 - 12.1 - 11.8 - 12.2。
これをシルクフォーチュンが最後方から差し切る競馬を見せた。
テン~中盤ラップは正直そこまで速くなく、先行勢に比較的優位な流れ。
これを差したシルク、テスタマッタは当然警戒が必要になってくるし、
先行して残したトウショウカズンは逆に評価としては下がってしまう。


さて、それを踏まえて各馬の考察に。
まずは抜けた人気のトランセンドだが、
正直死角があるか?となるとそこまではないという結論に達しざるを得ない。
急流戦必至の今回、評価を下げるだけの理由がまるで見当たらない。
南部杯でこのコースでの急流戦を攻略したと言うのも加点材料になる。

この馬が勝つ流れだとなると、番手で付いて行った馬が大体バテてしまうことが多い。
結果として2着馬には差し・追い込み勢が浮上しやすいというのが考慮ポイントか。


ワンダーアキュートは府中1600でのスピード比べが良いとは決して思えない。
むしろ本質は地方交流や阪神ダートでパワーを活かすタイプに見える。
とは言え、それでも通用するのがこのレースの常だけに、
そこで切ると言う暴挙はさすがに慎みたい。
4コーナーでトランセンドに対してどの辺りの位置に居るかだろう。
大賞典の内容からしても逆転のチャンスがないとは全く思っていない。


エスポワールシチーは上記2頭と比すると相当下の評価になる。
理由は単純、急流戦で勝ち切れなくなっているから。
みやこSの緩い流れで勝ち切った割に、
それ以外の急流戦で勝ち切れなくなったのは単純な衰えと判断したい。
そういう意味ではこの乗り替わりがプラスになる要素はないと思われるし、
緩めて逃げようとした所でトランセンドなどに突かれるだけ。
そういう意味ではかなり苦しい立場に置かれている様に見えるのだけど。


ダノンカモンに関してはHラップの消耗戦なら浮上余地はある。
元より総合力はあるが一芸に秀でていないタイプの馬ではあるので
どうした所で勝ち味に遅い部分はある。
ただ南部杯で見せたパフォーマンスはやはり評価すべき一頭ではあって、
昨年以上の結果をやはり期待してはみたい。
ただ、その南部杯から使いづめで何か良くなる部分があるか?
と言われると答えに窮する部分があるのも事実として残してはいるが。


シルクフォーチュンは急流でないと8F戦では現状苦しい様子。
その辺りは南部杯と武蔵野Sを比較すれば分かりやすい部分で、
そういう意味では今回は買いの呼吸ということで良いのだろう。
この馬自体はこの鞍上ならば馬券圏内100%ということもあって、
ノーマークにして良い馬ではない。


グランプリボスはもう罠以外の何物でもないでしょ?
ダート適性云々以前に、過去10年遡っても初ダートで来た馬は皆無。
(一応01年にトゥザヴィクトリーが3着してますが…)
ここが目標で使って来たならまだしも、そうにも見えない以上。


穴ならテスタマッタだろうか。
2年前のフェブラリー2着馬で、近走もトップクラス相手でも
そこそこ戦えることは証明している。
根岸S自体もあと1F延長されれば…という内容ではあって、
これが最大の惑星かなという気はしている。


ヤマニンキングリーはJCダートでもお話したとおり。
ダートの急流で何か見せたか?というのが正直な話。
JCダートしかり、東京大賞典しかりで
これが人気すること自体間違ってるでしょとしか言いようがない。


2012-febrary.jpg

2012 ダイヤモンドS

2012-daiyamond-rap.jpg

過去5年ラップは上記の通り。
コーナー部分でのラップの落ち込みが目立つ反面で、
一周目ホームストレッチなどでは12秒フラットの部分があったりと
比較的出入りの激しい一戦になっているのが伺える一戦。
それだけに余程の事がない限り相当なステイヤー適性は当然要求されてくる。

今年は珍しくハンデ頭が58.5kg、しかも2頭もの出走。
近年の出走例では03年のイングランディーレで、その時が僅差4着という結果。
まぁその結果自体は差し置いておくにせよ、ハンデ戦の割には
57kg以上、かつ近走好調と世間が認めた確定10倍以下のオッズで調べると
しっかり勝ち切っている馬が多いのが実情。
(近5年では3-0-0-2、負けた2頭は昨年のミヤビランベリと5年前のアドマイヤフジ)。
実績馬に対してハンデを背負っているから…という観点では
あまり考えなくても良いのではないか?とは思っているがどうだろうか。


想定人気を見ると、1人気がスマートロビンとのこと。
確かに本質はこういうステイヤー距離かな?とは前走展望でも話した通りで、
そういう意味では前走よりは遥かに好条件だよね、というのは言うまでもない。
ただ根本的に55kgでも前走はスピード負けしたのは事実としてあるし、
スタミナ面で素晴らしく強調出来る何かを現状で示しても居ない。
良い脚を長く使えるか?という資質もそこまで示して居ない上に
そもそも今年の4歳勢は本当に大丈夫か?という部分も見えている以上…

ギュスターヴクライも同様。
前走は確かに快勝だったが、露骨なスタミナ戦での実績が皆無。
まして大外枠で、ここで何か出来るだけの素養を見せた?
と言う部分があまりに強すぎて。


ステイヤーズ快勝のマイネルキッツ。
前走ラップは後半6Fが12.9 - 12.6 - 12.9 - 12.4 - 11.9 - 13.2と
明らかにスタミナ偏重の流れを押し切ったもの。
府中に来るとスピードが明らかに足りないのは目黒記念で露呈しており、
これを強調するには余程スタミナ寄りの展開にならないと。
勿論この条件だし一応印は回すのだが、
決して府中3400で盤石か?と言われると案外疑問符は残るのかなと。

オウケンブルースリは久々の長距離条件での出走だが、
アルゼンチン共和国杯の内容を見る限り、府中の長距離ならまだやれそう。
道中も比較的緩むポイントが少なかった一戦を追い込んでおり、
これはこれで良い内容だったかなという印象がある。
冬~春に全く良積が無いと言うのはさすがに気掛かりではあるが、
それさえ除けば相手としても悪くは無いだろう。

ヤングアットハートは目黒記念3着。
稍重を考えればこれもラップ的に否定する所はあまりないレース。
どうにも加速が遅い印象を受けるレース内容だけに、
そういう意味では色々注文は付く馬なのだろう。
そこを評価して押さえ程度に拾っておくが、強調する程には?
目黒記念より斤量増だというのも決して良い材料ではなく。

ビートブラックは昨年のアルゼンチンやダイヤモンドで
ことごとく切れ負けしているのはどうにも気掛かりな状況。
前走も上位勢とは最高速の差という印象があっただけに、
加速力もある程度必要なこのレースだと
一度置かれて最後伸びてくるが…みたいな結果が容易に想像できる。
掲示板辺りには居そうだが、勝ち切るまでとなるとこの条件では?

穴はアブソリュートか。
近走長距離戦に使うようになってからは、そこまで酷い内容を見せていない。
元々良い脚を長く使えるタイプではあっただけに、
スタミナさえ持つならこの条件が駄目ということはないだろう。
頭まであるかとなると微妙だが、この人気ならという感じ。

サンテミリオンもこの人気なら…の感はある。
前走は不良馬場でキツイペースの中先導、最後まで大崩れはしていない。
ここに来ての復調具合は見られるだけに、チャンスはあっても良いのでは。

2012-daiyamond.jpg

2012 京都記念 原稿

2012-kyoutokinen-rap.jpg

過去5年ラップを見てみると、京都外回りらしい推移。
いつも通りの考え方で、坂下りからトップスピード持続勝負でしょう。
あとはG1別定のG2ということもあって、
G1勝ち負けクラスじゃないと勝負にもならないことは押さえておく。
生半可な能力で、適性で浮上…と言うことはあまり想像しない方が良さそうだ。

そうなると勝負は上位4人気までの4頭の勝負か。
他の馬も後述するが、基本はまずその連中での上げ下げを考えるべきでしょう。


人気はダークシャドウ。関東厩舎ということもあって京都は初参戦。
スピード持続が出来る事は昨年の大阪杯や天皇賞を見れば明らか。
この馬の本質は良い脚を長く使う方で、
前述レースの様に最後失速しがちなラップに強い馬と見ている。
逆に急加速→最高速持続になった毎日王冠で、
抜け出すのに相当苦労していたのは見逃せないポイント。
今回は4Fの加速ラップになるだけに、
天皇賞程のパフォーマンスが出来るかとなると微妙な感。
勿論能力は否定しませんが…


ウインバリアシオンは菊花賞で2着の実績。
このレースやダービーを見ても、基本的にスピード持続方面の資質の持ち主。
急加速ラップだった神戸新聞杯でオルフェーヴルに2馬身半、
逆にダービーの様な消耗戦だと1馬身3/4差と言うのが現状の方向性だろう。
ただこの馬の欠点はとかく後ろから行かざるを得ないという脚質と、
そもそも最高速自体そこまで高くないのでは?という点。
特に後者は昨春のきさらぎ賞が証明しており、
展開的に動きづらい部分はあったにせよ京都外回りで差し損ねたのは事実。
坂下りで一気に動く様な乗り方をしない限り、頭という意味では案外厳しいのでは。


その菊花賞3着馬、トーセンラーも出走。
この時はオルフェーヴルに勝ちに行った分の3着という結果で、
ウインとの1馬身3/4差程の能力差はない。
この馬自体は分かりやすい京都外回りで能力全開のディープ産駆。
そういう意味ではこの舞台でこそ買う呼吸だろうし、
直線平坦の最高速持続勝負でオルフェーヴル以上のキレを発揮した
きさらぎ賞は評価出来るだろう。


ヒルノダムールは昨春の大阪杯、天皇賞でのスピード持続勝負で勝ち切り、
逆に日経新春杯、京都記念と続いて落としている。
ここから考えるに、11秒後半~12秒フラットの脚を6ハロン近く
要求される流れでないと厳しいという資質の方向性なのだろう。
そういう意味では、今回も勝ち切るまではないと見たい。
昨年のトゥザグローリーやメイショウベルーガより最高速が高い相手で、
その時でも3着だったと言うのはかなり厳しい材料で。


人気4頭以外もざっと概観。
ゲシュタルトはAJCCや中日新聞杯などでも散々言っている通り、
12秒フラットの脚が長く続くコースでなければ厳しい。
前走では坂で脚が止まっていたのも事実で、ここで更に浮上する要素は…

昨秋の古都Sの上位2頭も共に出走。
その時は開幕週だったにも関わらず中盤ラップが今回と同程度。
そこから芝状態も相当悪くなっているだけに、
額面以上にラップは厳しくなると見るとそこまで評価するべきではないか。

2012-kyoutokinen.jpg

2012/2/11 注目レース簡易展望

【木津川特別】

外伸びになりつつある京都の馬場、それならば◎マイウエイで。
前走は良い伸びを見せたが居ん有利のコース設定にやられた感があって、
もうひと押しが見込める今の状況ならということ。

人気勢は軒並み怪しい。
後方一手のアドマイヤバートン、内回り向きのハーキュリーズ、
阪神で成績上げるナリタスレンダーやデンコウジュピターなど、
どれもこれも一長一短で中心として推すには程遠い。
ドリームクラフトも京都外回りで推すほどには…

2012-2-11-kyouto.jpg


【調布特別】

休み明けだが、カフナが何とかしてくれるだろう。
持続ラップの方が良い馬だが、さすがに1000万ともなれば。
相手注目としてアルマフローラをピックアップ。
こちらは府中の加速ラップ向きで、前走内容も悪くなかった。
相手は強力だが、決してノーチャンスだとは思えない。
現級では力量上位のイチブン、前走加速ラップを制したヒカルハナミチまで。

2012-2-11-toukyou.jpg

2012 東京新聞杯 原稿

2012-toukyousinbunhai-rap.jpg

過去5年ラップは上表の通り。
どこも緩まない急流8Fということで総合力必須のレース。
最低限としてそういう条件での好走例は必要になってくるし、
そういう意味では同コース重賞での好走馬が走ってくるのは納得できる。
あとは阪神1600のファイナルSでの好走馬がそのまま来ることがあるのも注意ポイントか。


人気はフレールジャック。
この馬は加速勝負だったラジオNIKKEI賞勝ち、神戸新聞杯も同様の競馬で3着。
逆に道中がある程度緩まなかった鳴尾記念で駄目という分かりやすい馬。
加速競馬になりがちな府中は確かに向いていそうだが、
それはあくまで下級条件の2000とかという話。
この条件だと追走に脚を使って最後にお釣りがなくなる様子が想像できるが…
少なくとも8Fが初というのも良い材料ではないだろう。

ダノンシャークも同様のクチ。
基本的に切れ頼みの馬ではあり、それが嵌ったのが前走の京都金杯。
それだけに今回は条件が違うと見るべきだとは思う。
ただ前付けすれば話は別で、近走勝ち切りはことごとく前付け。
先行策が叶えば可能性的にはあっても良いのだが…
人気を背負うこともあって、そこまで期待値的には高くなさそうだけどね。

コスモセンサーは近2走でマイルOPを連勝中。
この時が共に最後までペースを落とさない一貫ラップを番手抜け出し。
差し馬だと評価としては微妙ではあるが、
先行からこれを出来る所はやはりこの手のペースに適性あると言うこと。
近走の府中戦も大崩れしていないし、
現状の充実度まで考慮すれば人気勢からの推奨はこの馬がまず筆頭か。

サダムパテックも鳴尾記念、京都金杯での敗戦は正直頂けない。
もっと道中緩む中距離ならばともかく、
マイルでずっと速い流れが向くかとなると果たしてどうか。
少なくともそれなら前走もう少し格好は付けて貰いたかったが。

マイネルラクリマは道中若干緩んだ京都金杯できっちり勝ち切り。
ああいう競馬が出来た段階でこの馬向きの競馬ではあった。
今回そこまで道中が緩まないのも事実ではあるが、
その競馬をキャピタルで経験済み、かつ僅差3着なら一応の警戒は必要だろう。

ミッキードリームはイメージとして府中は向いていそうな感じはあるが…
戦績を洗ってみると、案外中盤緩んでの加速勝負しかやっていない。
確かに中距離をメインに使っていた分の情状酌量の余地はあるにせよ、
マイルCSで結果として何も出来なかったという部分もあって、
強調するには案外厳しいのかな、という感じ。

フミノイマージンもマイルを走るのは未勝利勝ち以来。
で、この馬の好走パターンはコーナー4つの中距離、
かつ4~5Fの12秒フラットな脚が要求された時。
脚質的にも追走で手一杯になりそうなイメージしか沸かないけどね。

ヒットジャポットは紅葉Sの勝ちが評価されているのか。
とは言えこのレースはテンの入りが遅い、加速レースという感が強い。
スピード持続が要求されたニューイヤーで0.8離されたのは痛いし、
現状ではこの条件では厳しい感。
一昨年の紅葉Sで勝ったフラガラッハが翌年ここに出てきて、
そこそこ人気して、それで何も出来なかったということもあって。

スマイルジャックは無条件で押さえる。
いくら状態が良くなかろうと、前年度勝ち馬でこのオッズはない。
適性あるのはもう分かっているだけに、
駄目もとでも良いから拾っておくべきでしょう。
ガルボも持続戦と来れば浮上してくる一頭。
これもオッズほどの差は無い様に思えるが…
穴ならゴールスキーはどうでしょう。
昨年3着、状態も悪くなさそうな上にこの厩舎、なのにこのオッズ。
決して分が悪い賭けには見えませんけどね。

2012-toukyousinbunhai.jpg

小倉大賞典 原稿

2012-kokuradaisyouten-rap.jpg

過去4年ラップは上記の通り。
09年、昨年と急に時計が速くなったのは芝質の違いによるものか。
何にせよ時計の差こそあれど、淀みの無い急流戦になることは間違いないか。


前哨戦は小倉重賞をチェック。軒並み2000mになるが…
中日新聞杯は12.3 - 11.2 - 11.6 - 12.4 - 11.7 - 12.0 - 12.4 - 11.8 - 11.6 - 12.6。
前半の入りは比較的緩いが、中盤以降は11秒後半が比較的続くラップ。
とは言えそこまで中盤もそこまで厳しかった訳でもなく(道中12.4が2回入っているので)、
結果として差し優位にはなったが、距離短縮に向けては先行勢を上に取るべき。
ここからは当然コスモファントムがまずは筆頭。
あとはエーシンジーライン、トップゾーンが候補か。
エクスペディション、マイネルスターリーもそこまで差はないが、
この組は後出しの競馬だったことは否定出来ず、
ここから距離短縮という材料で前進するか?となると。


愛知杯は12.2 - 11.5 - 11.7 - 12.7 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 11.8 - 12.0。
このクラスの牝馬戦ということであり、かつこちらの方が施行時期が遅かったこともあって
額面上の比較では中日新聞杯よりは若干上か、という感じ。
流れ的にも中盤以降の流れは厳しいものだけに、
良い脚を長く使える差し馬勢が浮上したのは納得できる流れ。
ここからブロードストリートが出走してくるが、これも距離短縮となると…?
レース内容としても完全に後出しで突っ込んできたのは否めないだけに。


夏の小倉記念は11.8 - 10.7 - 10.8 - 12.0 - 11.8 - 11.8 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 12.6。
夏の時計だけに、そのままの評価は慎むつもりではあるが、
テンが速く中盤以降もずっと速い時計での持続勝負。
結果としてキタサンアミーゴなどのステイヤー組が台頭する流れだった。
ここからもまずは前の組。
番手追走のエーシンジーラインは十分頑張ったと言える内容だし、
逆に2着のキタサンアミーゴは明らかに展開もあった。
距離短縮、ということであれば逆転までは十分考えて良い内容ではないだろうか。


そういう前哨戦をざっと概観すると、
加点評価はエーシンとコスモファントム。
逆に減点すべきはブロードストリート。
エクスペディションは人気ほど信用できるのか?という部分を思ってしまう。


他の人気勢だとダノンスパシーバ。
この馬の本質は3走前の北野特別。
こういう持続ラップを受けて勝負する馬だけに、
前走の様な、最後にもう一段加速が必要なラップでは無理だった。
そういう意味では急流のこのレースで評価すべきだろう。

小倉日経OP勝ちのガンダーラも穴人気するだろうが、
その競馬より更にラップは上がりそうだし、
そこでも最後止まったから差し切れたという側面は否定できない。
最後まで止まらない流れで差せるかとなると微妙には見て取れる。


結論。
エーシン、コスモの先行勢に対してダノンで逆転出来ると踏む。
大外枠は如何にも嫌な材料だが、そこは鞍上に期待する部分。
エクスペディションはあくまで2、3着付けの候補、
コスモ頭の馬券も一応仕込んでおく。穴はトップゾーン。

2012-kokuradaisyouten.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。